社会福祉法人聖森会の設立は、1973年4月、本町保育園の事業認可による開園に
遡ることができ、概ね半世紀にも亘る歴史があります。
恵まれた自然環境を生かし、望まれる子ども像としては、元気で明るく思いやりのある子ども、進んで生活に取り組むことができ、 豊かな情緒と感受性をもちつつ探求心のある子ども…そのような子育て像を描きながら保育・子育て支援に取り組んできました。
1999年には新しい園舎に建て替え、乳児保育の充実と、一時預かり保育、地域交流事業を取り入れ今日に至っています。(定員、開設当初90名、現在110名)人口の急増を伴う時代の進展を背景に、保育園の需要が益々増大する中で、1974年、大阪府と協議の結果、当時はコスモスの花が咲き乱れる、寝屋川市国松町の小高い丘の上に30名定員で3歳児までの小規模保育園を新しく開園し、これも現在に至っています。

その後、地域の福祉活動との接点が広がり、1991年7月に、寝屋川市秦町の地に、大阪府の認可を受けた市内初の「知的障がい者通所授産施設・はたのさと」を開所する運びとなりました。
さらに、1996年4月には、障がいの程度がより重いと考えられる方々を通所対象とする「知的障がい者通所更生施設・かわかつのさと」を開所しました。
両施設は「障がい福祉サービス事業所」として現在に至っています。
その後、民営化の進展に伴い、長い伝統をもつ寝屋川市立「たちばな保育所」が、2010年4月に社会福祉法人聖森会への移管を受け、 2年半後に園舎を新築し、広い運動場と寝屋川市駅に近いという利便性を併せ持つ「たちばな保育園」(定員150名)として現在に至っています。
社会福祉法人聖森会は、初代理事長(南森和子氏)の隣人愛に根ざした博愛の精神を基調とし、時代の状況に適応した社会福祉施設を営む法人としてあり、
また、将来の展望を示す眼差しを持ちながら職員にとっても働きがいのある職場を目指した運営に取り組む法人です。
法人概要
各施設のご案内

サイトマップ個人情報保護方針 Copyright (c) 2015 社会福祉法人 聖森会 All rights reserved.